こんばんは!

日本心理コミュニケーション協会の
中野日出美です。

今宵もひと時の時間を
共有できて幸せです。

いよいよGWに突入です!

あなたはどこかにお出かけでしょうか?

それともお家でゆっくりと
ご家族とお過ごしでしょうか?

いずれにせよ、良い思い出づくりを
していただけたら素敵ですね。

私はもちろんお仕事です。
セミナー業は世間の人が
お休みの時に働きます。

毎年GWはびっしりお仕事です。

30日と1日の初級コースの講座は
オンライン講座なので、
海外からご参加される方もいます。

リアルセミナーがすべて
オンライン化され、
最初は戸惑うことが多かった
のですが、

今では海外からもご参加いただき、
オンライン講座のすばらしさを
感じています。

とはいえ、私、じつは、
8月いっぱいまでお休みらしき
ものがありません。

毎年この時期は忙しいのですが、
今年は心療内科クリニックの
開業準備もあるので、
さらに大忙しです。

そのせいか、私、
最近、ちょっと困ったことが……

この続きは最後に書きましたので、

ぜひ、お読みください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※

当協会では、
さまざまな人間関係で
起こりがちな問題や悩みの改善、

また、より豊かでお互いに高め合う
人間関係づくりのためのヒントや
ツールをたくさん提供させていただきます。

このメルマガでは、
毎回、何かしらのコミュニケーションに
関するヒントをお伝えしてまいります。

――――――――――――――――――
■ 会員のコラム
――――――――――――――――――

このコーナーでは、当協会の会員さんの
コラムをご紹介しております!

今回のテーマは

「間違いだらけの
私のコミュニケーション方法」

■■仁科由美子■■

今となっては
とっても恥ずかしいお話ですが…

私は子育てをしながら、
日常の生活を送りながら、
何かうまくいかない事があると、
その怒りや不満を夫に向けて
発散していました。

私からしてみると、それは一つの
ストレス解消法であり、
夫婦だからできる2人だけの
コミニュケーションの一つだと
思っていました。

夫は私の気持ちを全て
受け止めてくれるという前提で。

嫌なことがあると、
夫をはけ口にして感情的に話をします。

夫はそうか、そうか、と
私の気のすむまで話を聞いてくれます。

ただ、夫が聞いてくれたという、
感情を受け止めてくれたという
満足感はありましたが、
根本的に何かが解決したわけではないので、
いくら話してもスッキリしないまま、
もやもやしながら会話が終わります。

そしてそれを受けた夫も毎回、
一緒に嫌~な気持ちになります。

“こんな風に感情を表現することは、
感情を受け止め合うことは愛の証。”

とさえも勘違いしていました。

あ~なんと恥ずかしい…。

私なりには、お互いを
信頼しているからこその
コミニュケーション法だったし、
別に夫婦喧嘩をしてないから、
いいんだと思っていました。

そんなある日、娘が

「何の解決にもならない気分の
悪~い話し合いを何で永遠と
やっているのかが解らないわ。」と…

見ている方も不快に思っていたことを、
ぼそっと…話してくれました。

その時、初めてわかりました。

子供たちの前で、とんでもないことを
していたことを…

それも、これまでの長い長い年月…

とてもとても恥ずかしくて….
申し訳ない…。

娘、息子…過ぎていった月日は
元に戻せないけど…

これから変わっていく
母を見ていてください…。と…

日々コミニュケーションを学んでいます。

――――――――――――――――――
■ 協会からのお知らせ
――――――――――――――――――

◇◆レジリエンスセミナー開催!!

レジリエンスとは、一般的に

「復元力、回復力、弾力性」
などと訳され、

最近では

「困難な状況でもうまく適応して
生き延びる力やその結果」

という心理学的な意味でよく使われています。

このセミナーでは、

・ストレス対処スキルを磨くこと
・レジリエンスを高めること

を目的としています。

特に職場や家庭でストレスフルな生活を
送っている方や、

メンタルヘルス、ストレス関連の
相談業務に従事している方にお薦めです。

当協会のレジリエンスセミナーでは

講義を学びながら

ワークで体験し、

「明日からがんばろう!」
と思えるセミナーです。

2022年5月テーマ

「オキシトシンで
レジリエンスを高めよう」

5月17日(火)
20:00~21:40

詳しくはこちら!!
https://el.jpcs.or.jp/u/ysTy/93/

■SNSのフォローもお願いします!!

★★★FaceBook★★★
https://el.jpcs.or.jp/u/Yk5R/93/

★★★Twitter★★★
https://el.jpcs.or.jp/u/vXks/93/

――――――――――――――――――
■ 編集後記
――――――――――――――――――

日に日に忙しくなっている今日この頃。

最近、ちょっと困ったというか、
不安なことがあります。

それは、やけに物忘れが激しいこと。

すぐに
「あれ?今何やろうとしていたんだっけ?」

となってしまいます。

そして、じっくりと何とか思い出す。

こんなことを1日に何回かやっています。

「なんかこれやばくない?」

と少々心配しています。

しかし、思えば今から20年ほど前のこと。

当時もやはりかなり忘れっぽくて、
かなり不安になったことがあります。

2階まで思いっきり駆け上がって、

「あれ?何しに2階に来たんだっけ?」

先ほどまで読んでた子どものプリントが
見つからない。

なぜだか、後で冷蔵庫で見つける。

そんなことくらいはもしかすると、
よくあることなのかも。

しかし、ある日、

家族全員分のご飯をジャーから
お茶碗によそっていたら、

「んー、なんかうまく、よそえないな」

と思いながら4人分のご飯を

テーブルに置いてみてびっくり!

なんと私は湯呑茶碗にご飯を

よそっていたのです。

それも4人分。

いくらなんでもこれはまずい。
せめて、1人分で気づくはず……

というか、湯呑茶碗を持った時に
気づくはず……

っていうか、
湯呑茶碗を持ってこないはず。

これはまずすぎると、
翌日、かかりつけ医で診察を受けました。

すると、

「正常ですよ。
なんともないですよ」

とドクター。

「え?でも、こんなことや
あんなことが……」

と私。

「ああ、大丈夫、大丈夫。
それは性質です」

「あー良かった」
(って、どういう性質だよ、私?)

ってことがありました。

あれから20年以上。

症状の進行はなかったようなので、

やはり性質ですかね。

今、いっぺんにいろんなことを
進行させているので、
きっと私の頭は
混乱の極みなのでしょう。

こんな時こそ、
落ち着いてゆっくりと
1度立ち止まりながら、
慎重にことを進めていかねばと
思っている次第です。

※また、人間関係や自己肯定感など、
理由のわからない生きにくさを
感じている方のために私が執筆した、

『それは愛着障害のせいかもしれません』
    (大和出版)

https://el.jpcs.or.jp/u/TKwD/93/

などもご参考にしていただけたらと思います。

             (つづく)

明日という日があなたにとって
最良の日でありますように!

今後ともよろしくお願いいたします。